音楽コンクール

HOME > 国内・海外音楽コンクール情報

 

 

 

 

 

 

   国内・海外音楽コンクール情報 音楽コンクールリンク集


 

 コンクール/オーディション情報サイト

国内・海外コンクール(全楽譜検索マヌカン) 
サイト本体では楽譜購入出来ます。HPの無いコンクール事務局の住所や番号などもあります。音大一覧などもあり。
http://202.230.183.196/index.html

 

国際音楽コンクール(社団法人日本演奏連盟HP)  
情報は古いけれど掲載数は多く、各コンクール連絡先なども細かく記載されています。
http://www.jfm.or.jp/concours/index.htm

 

The Directory of International Piano Competitions (国際ピアノコンクール一覧) 
英語のサイトですが、日本人の方が作られたサイトです。世界中のピアノコンクールの情報が、国別に素晴らしくまとめられています。驚きの情報量。海外の音大生や音大教授の間でも、このサイトは頻繁に使われているようです。
http://www.afn.org/~afn39483/index.html

 

国際音楽コンクール世界連盟(WFIMC)  
国際音楽コンクール世界連盟に加盟するコンクールの開催予定や一覧を見ることができます。フランス語と英語のページに分かれてます。
http://www.fmcim.org/www/

 

作曲コンクール情報(現代音楽の音書き部屋)  
現代音楽作曲家による作品紹介、作曲コンクール情報、初心者のための音楽講座(音楽を学ぶために)、お勧め現代音楽CDなどのコンテンツ。
http://homepage3.nifty.com/composer-t/

 


 

コンクール/オーディション
 

   ピアノ
   バイオリン
   チェロ
 フルート
 オーボエ
 打楽器
 声楽
 弦楽器
 木管楽器
 金管楽器
 作曲
 その他

 国内コンクール

開催地
詳細アイコン  
日程
コンクール名 その他特筆事項
木更津
隔年6月〜
かずさアカデミア音楽コンクール 「かずさから世界へ」をテーマに木更津の大自然の中、隔年で行われるピアノコンクール。「 かずさ音楽の森構想」から生まれ、2005年は第5回。
東京
毎年8月〜
日本音楽コンクール 新進音楽家の登竜門として国最高の水準と伝統を誇り、これまで数多く有為な新人を送り出してきた。チェロ部門は隔年で開催。
全国
毎年6月〜
ピティナピアノコンペティション 日本最大級規模のピアノコンクール。部門や階級の数も10以上あり、子供から壮年まで幅広く音楽を愛する人たちがそれぞれの目的をもって参加する。
全国
毎年6月〜
日本クラシック音楽コンクール 審査の公正・中立を守る事をモットーとしている。予選は二カ所から受けることが可能。曲目は人格重視の自由曲制。
宝塚市
 年毎に変わる

毎年6月

宝塚ベガ音楽コンクール 1989年から毎年開催され「音楽のある街 宝塚」の中心的事業として充実・発展してきた。年毎に開催部門が変わる。
兵庫/東条町
&Clが一年毎)
毎年秋
日本木管コンクール 「東条のコンクール」と呼ばれ全国の木管楽器三大コンクールの一つ。一般の聴衆が選ぶオーディエンス・プライズ「コスモス賞」があるのも特徴。ページ最下部indexを通って今年度参加要項ページなどに行けます。
関東・中部・関西
毎年8月〜
日本ピアノ研究会主催・ジュニアピアノコンクール・ピアノオーディション 関東、中部、関西地方で開催されるピアノコンクール、ピアノオーディション。 ヴィラ=ロボスなどの南米のクラシック曲も課題曲となっている特色あるコンクール。
 
 

 国際コンクール(国内開催)

開催地
詳細アイコン  
日程
コンクール名 その他特筆事項
浜松市
3年毎
(次2006年)
浜松国際ピアノコンクール 楽器と音楽のまちにふさわしい国際的文化事業として、以後3年毎に開催。相当なレベルの高さで有名。世界中のクラシックピアノ界のトップが集まる。
仙台市
3年毎
(次2007年)
仙台国際音楽コンクール コンチェルトを課題曲の中心に据えた、特色のあるコンクール。 すべての審査段階で弦楽五重奏やオーケストラと協奏曲を共演することが求められ、4曲の協奏曲を準備しなければなならない。
2007年5月20日〜6月2日がVn部門、ピアノ部門は6月10日から23日に実施。
神戸市
4年毎
(次2005年)
神戸国際フルートコンクール 世界の有望な若きフルーティストを世界の楽壇に飛翔させる。1985年第1回を開催し、フルート単独の定期的な国際コンクールとしては世界で唯一のもので、以降4年毎に開催。
大阪市
3年毎
大阪国際室内楽コンクール 広範な音楽文化の発展と国際間の文化交流に寄与することを目的とする。 コンクールに併せてクラシック音楽にとどまらず、各国の伝統音楽・民族音楽も包含する「大阪国際室内楽フェスタ」も開催。
京都市
毎年8月〜
ノーヴィ国際ピアノコンクール 演奏家教育推進理事会の主催によって京都市で行われる国際コンクール。ピアノソロ・連弾の他に、声楽部門、邦楽部門あり。
東京・大阪
毎年3月
“万里の長城杯”国際音楽コンクール 日中両国の音楽文化の交流を通じ、若手音楽家の育成・音楽活動を支援し、両国の親善を深めると共に、広く世界文化と21世紀の世界平和に貢献する事を目的とする。
東京・大阪
毎年8月
“長江杯”国際音楽コンクール 日中両国の音楽文化の交流を通じ、若手音楽家の育成・音楽活動を支援し、両国の親善を深めると共に、広く世界文化と21世紀の世界平和に貢献する事を目的とする。

 

 

 

 国際コンクール(海外開催)

開催地
詳細アイコン  
日程
コンクール名 その他特筆事項
ワルシャワ
5年毎
フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール 10月17日のショパンの命日の時期にあわせて3週間にわたって行われ予選では独奏曲、そして本選ではピアノ・コンチェルト、全てショパンの課題曲。5年に1度でツアー客も非常に多く、ポーランド人にとってはオリンピックに負けないくらいの一大イベント。
モスクワ
4年毎
チャイコフスキー国際コンクール 世界的に最も権威のある国際コンクールの一つ。第12回ではピアノ部門で日本人の上原彩子が第一位を受賞した。ピアノ部門、バイオリン部門、チェロ部門、声楽部門に加え、1990年からはバイオリンの製作者部門も開設されている。
パリ
ロンティボー国際ピアノ&バイオリンコンクール 1943年から始まった歴史あるコンクール。日本人の入賞者も多く知られている。年により開催部門が変わります。
ブリュッセル
ベルギーエリザベート王妃国際音楽コンクール 年により開催部門が変わります。
アメリカ
4年毎
ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール チャイコフスキーコンクールの第一回目の優勝者、ヴァン・クライバーンを祝して1962年より開催されている。前回2005年の優勝者はコブリン。一般発売されているドキュメンタリーDVDも必見。
イギリス・リーズ
3年毎
(次2009年)
リーズ国際ピアノコンクール 内田光子、小川典子など、イギリスで活躍する日本人ピアニストも多く輩出して来た歴史あるコンクール。他にも世界第1級のピアニスト達が受賞しており、そのレベルの高さで知られる。
サンマリノ
隔年秋
サンマリノ国際ピアノコンクール イタリア内に位地する世界最古の独立国サンマリノ共和国にて開催される新しいコンクール。コンクールのウェブ中継はもちろん、IT面でも力を入れており、コンクールの公式ウェブサイトがイタリアのウェブサイト賞を受賞する等注目を集めている。
イタリア・ラベッロ
9月
ラベッロ国際声楽コンクール ナポリから1時間半、美しいアマルフィ海岸にあるラベッロで行われる声楽コンクール。にあります。毎年行われるラベッロ国際音楽祭やワーグナーがパルシファルを作曲するために滞在した町として有名。 今年はイタリア国営放送RAIが収録に来ます。
マレーシア・クアラルンプール
hoka
毎年3月

Roland Piano Festival Piano Competiiton

(ローランドピアノフェスティバル)

マレーシアクアラルンプールで行われるローランド社主催のピアノフェスティバル内でのコンペティション。ピアノ部門とハープシコード部門が行われ、ピアノ部門は、ジュニア、シニア、デュオ、ポップス・ジャズなどまで、多岐に渡った部門が開催される。申込み要項はwww.rolandap.comまで。(参加者はマレーシア在住者限定
カトヴィツェ、ポーランド
作曲(交響曲)
五年毎
第1回カロル・シマノフスキ国際作曲コンクール ポーランドが誇る作曲家、カロル・シマノフスキ生誕130年を記念して今年から開催される作曲コンクール。課題曲は10-16分の交響曲で、上位入賞者の作品はカトヴィツェ、クラクフにて2013-2014年にかけて演奏をされる。また1位15000ズロチ、2位10000ズロチ、3位5000ズロチの賞金・副賞の授与が有る。応募締切は2012年11月20日。
 
 

 他音楽コンテスト・オーディション等 

開催地
詳細アイコン  
日程
コンクール名 その他特筆事項
東京
毎年8月
山野ビッグバンドジャズコンテスト 映画「スイングガールズ」の影響で初めてビッグバンドに興味持った方も多いのではないでしょうか。毎年夏になると学生たちが熱い思いを持ってこの「ヤマノ」にかけてきます。学生と言えどもそのレベルの高さと音楽への情熱や仲間との友情の姿に胸うたれます。豪華ゲストパフォーマンスも見逃せません。
 
 

 

 

 

Borderless Music Website  Copyright(C)2010 All Rights Reserved.
このサイトは、ボーダレスミュージックが運営しています。