映画ショパン

HOME > 映画「ショパン」の魅力

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

〜愛と運命に翻弄された知られざる激動の人生〜

生誕200年 天才作曲家ショパン

 

 

 

 

天才作曲家ショパンが恋におちたのは、
社交界の寵児ジョルジュ・サンド。
その愛は、美しい旋律を生みだしたのだが──

 

 

http://www.chopin-movie.com/

2011年3月5日 シネスイッチ銀座他全国ロードショー!

 

 

 


<映画「ショパン」のストーリー>

 

 祖国ポーランドを逃れ、ウィーンを経て、パリに辿り着いたフレデリック・ショパン(ピョートル・アダムチク)。作曲家としての名声を手にしつつあったショパンだが、パリでは認められず失意の底にいた。アメリカ行きさえ考え始めたショパンに、チャンスが訪れる。貴族や有力者たちが集まるサロンで、奇跡的なテクニックを持つピアニストとして持て囃されていたフランツ・リストが、ショパンのエチュードを見事な演奏で披露したのだ。さらにショパン自身も請われてピアノを弾くことになり、情感豊かな演奏で観客を魅了する。ショパンの才能は、一夜でパリを制した。

 

 

 まもなくショパンは、リストから女流作家のジョルジュ・サンド(ダヌタ・ステンカ)を紹介される。フランス最大の作家と称される一方で、財産と二人の子供たちの親権を巡って前夫と裁判で闘い、その間にも数々の男性との関係を噂される、まさにパリ社交界一の寵児だ。
 ショパンの才能にほれ込んだサンドは、ためらうことなくその想いを伝え始める。熱い眼差しで演奏中のショパンを見つめ、大輪の花と共に贈った自らの著書には、「この本は焼いてくださってもかまいません。私の小説など、あなたの演奏の一拍の価値にも及びません」と書いた手紙を添えた。

 一方、ポーランド貴族の娘マリアに求婚し、彼女の両親の許しを待ち続けていたショパンは、サンドに何の関心もなかった。ところが、マリアの両親から持病を理由に結婚を断られたショパンは、ショックのあまり寝込んでしまう。ショパンが肺炎に倒れたと聞いたサンドはすぐに駆けつけ、キッチンで滋養に富んだ料理を作り始める。ショパンはサンドの優しさに心を動かされ、二人の関係が始まった。

 

 ショパンの療養のため、そしてスキャンダルから逃れて作曲に集中するために、二人はマヨルカ島へ旅立つ。サンドの息子のモーリス(アダム・ヴォロノヴィチ)と、娘のソランジュ(ボジェナ・スタフラ)も一緒だった。だが、温暖なはずの島にかつてない雨が降り、ショパンの病状は悪化してしまう。それからは、冬はパリ、夏はノアンにあるサンドの別荘で暮らす日々が続いた。

ショパンはサンドの、時に燃え上がるように激しく、時に包むように優しい愛のもと、次々と名曲を生みだしていく。以前は、天性の才能から繊細な旋律を紡ぎだしていたが、サンドとの愛が深まるにつれ、ショパンの中に激しく感情を揺さぶる壮大な音楽を創造する力が育っていった。

しかし、母の愛を独占しようとするショパンを快く思わないモーリスと、ショパンに尊敬以上の感情を抱いてしまったソランジュが、予想もつかなかった、ある悲劇をまき起こす──。

 

 

 

<映画「ショパン」の5つのみどころ>

 

1. ショパン生誕200年を締め括る音楽映画の決定版


2010年に生誕200年を迎えた“ピアノの詩人”フレデリック・ショパン。わずか39年の短い生涯を駆け抜けた彼は、ピアノの可能性と芸術性を飛躍的に高め、現在もピアノ音楽の最高峰と称えられている。祖国ポーランドを離れ、持病の肺病と闘いながらも、情熱的な創作活動を続けたショパン。その彼を支え続けたのは、“恋多き女”として名を馳せた作家ジョルジュ・サンドとの運命的な愛だった――。ポーランドが総力を結集し、ショパンが送った激動の半生と、ジョルジュ・サンドとの世紀のロマンスを完全映画化した『ショパン 愛と哀しみの旋律』。全編に流れる豪華アーティストの絢爛たる演奏、ショパンゆかりのワルシャワ、パリ、マヨルカ島で現地ロケを敢行した撮影など、ショパン生誕200年を締め括るにふさわしい音楽映画の決定版が、満を持しての公開となる。

 

 

2. ショパンとサンドの激動の愛と運命を描いた、真実の物語


帝政ロシアの専制支配下にあった19世紀ポーランド。愛国心を胸に秘めた若き作曲家フレデリック・ショパン(ピョートル・アダムチク)は、ロシアの圧政に蹂躙されていく母国の姿に心を痛めながらも、自由な芸術活動を求めてポーランド出国を決意する。パリでは音楽が認められず失意の底にいたが、当代随一の人気作曲家フランツ・リストの計らいで念願のパリ・デビューを果たし、たちまちサロン界の寵児となった。名声の階段を昇りつつあった彼は、男装の麗人として知られる稀代の人気作家ジョルジュ・サンド(ダヌタ・ステンカ)と運命的に出会い、彼女の情熱に飲まれるように愛が始まる。彼女の大いなる愛のもと、彼も音楽にのめりこむが、ふたりの愛は平穏なままではいられなかった。ピアニストと作家という芸術家同士のぶつかり合いに加え、サンドの子・長男モーリス(アダム・ヴォロノヴィチ)と長女ソランジュ(ボジェナ・スタフラ)が引き金となる愛の悲劇。9年に及ぶサンドとの日々は、ショパンの運命と音楽そのものにも、激動の変化をもたらしていく。

 

 

3.ショパンの生涯を忠実にたどった大規模な現地ロケ
 

ショパンの音楽と波乱の生涯、ジョルジュ・サンドとの伝説的ロマンスを題材にした小説や映画は数多く存在するが、そのすべてが必ずしもショパンの実像を捉えているとは言い難い。そこで本作のイェジ・アントチャク監督は生涯を忠実にたどった“究極のショパン映画”を目指すべく、若きショパンが音楽の研鑽に励んだワルシャワ、ピアニストとしての成功のきっかけを作ったパリ、療養のためにサンド一家と訪れたスペイン・マヨルカ島、そしてサンドとの同棲生活の舞台となったフランス・ノアンと、ショパンが実際に生活していた現地の撮影にこだわり、大規模な現地ロケを実現させた。

 

 

4.2年に及ぶ選曲作業で選ばれた“愛と哀しみの旋律たち”


本作のもうひとりの主役というべき、ショパンが残した名曲の数々。崇高なまでに美しくも、烈火のように激しく、繊細なまでに心の内面を表現しながらも、祖国に対する愛国心を熱く訴えかけるという、ショパンの多様で複雑な側面をあますところなく表現するため、アントチャク監督は選曲作業だけで実に2年もの時間を費やした。ピアノ独奏曲はもちろんのこと、協奏曲や室内楽曲など、ショパンが作曲したほぼ全ジャンルから選ばれた20曲以上の“愛と哀しみの旋律たち”が、ショパンとサンドの運命のロマンスを美しく奏でる。

 

 

5. ショパンの人生を壮大に彩る、超一流アーティストの夢の競演


最高のショパン映画を目指すべく、演奏にも超一流アーティストが結集した。世界最高のチェリストの一人として称えられ、NHKスペシャル「新シルクロード」の演奏でも知られるヨーヨー・マ。日本を代表するピアニストのひとりであり、ショパン解釈にかけては他の追随を許さない若き巨匠・横山幸雄。『戦場のピアニスト』の演奏で世界中の観客に深い感銘を与え、ショパン・コンクール審査員も務めたポーランド音楽界の至宝、ヤーヌシュ・オレイニチャク。通常のコンサートでは不可能な豪華メンバーが夢の競演を実現させ、ショパンの人生を壮大に彩る。

 

 

 

 

映画「ショパン 愛と哀しみの旋律」公式サイトはこちらから。


http://www.chopin-movie.com/

 

●監督:イェジ・アントチャク
●出演:ピョートル・アダムチク、ダヌタ・ステンカ『カティンの森』、ボジェナ・スタフーラ、アダム・ヴォロノーヴィチ
●音楽:チェロ:ヨーヨー・マ、ピアノ:ヤーヌシュ・オレイニチャク、横山幸雄

 

ポーランド/英語/126分

 

●配給:ショウゲート



 

 

(c) 2002, A Jerzy Antczak Production, All Rights Reserved.

 

 

 

 

 

 

 

 

 
Borderless Music Website  Copyright(C)2004 All Rights Reserved.
このサイトは、ボーダレスミュージックと株式会社fonfunが共同で運営しています。